2014年08月20日

WiFi SDカードリーダー ポチった。

事の起こりは兄弟子が、子供の大学院進学祝いに、iPod用の無線のファイルサーバーを買ってやりたいという話。
以前外付け無線HDDを調べて結局性能不足であきらめたことがあったので、必要スペックについていろいろ説明しつつ検索してたら、もっと便利なものを見つけてしまった。

WiFiルーターとファイルサーバーとバッテリーを積んでいる。
SDカードかUSBメモリーを突っ込むと、PC/Tablet/スマホ/iPad,iPodから読み書きできる。
バッテリーから他の機器を充電できる。

こういう機械が、数種類出ている。
現在、これだけSD/USBメモリが大容量化してくると、HDD/SSDじゃなくても充分だ。

今回買ったのは、ラトックシステムズのWiFi Sdカードリーダー REX-WIFISD1
くわしくはhttp://kakaku.com/item/K0000447179/spec/

選択の決め手は、WiFiルーターにブリッジ機能があり、PCはこのルーターにつないで、このルーターがその場の無線LANルーターに接続してインターネットに出ることができる点である。

ブリッジ機能がないと困る状況が下記。

 仮にこの機械がアドホックでPCと接続する場合には、接続するたびに無線LANの設定を変えないといけない。なにか無線LANで接続中だと、その接続が切れてしまう。いまや無線LANはインターネットの回線に常時つないでおく必要があることがほとんどなので、作業中に無線LANを切り替えるなどありえない選択である。どうしてもそうしなければいけないとしたら、USB 無線LANアダプタを追加しないといけない。貴重なUSBポートを一つ消費してしまう。

 仮にこの機械がブリッジ機能を持たないWiFiクライアントだと、環境中にルーターが必要になり、出先では接続できなくなる。

 したがって、無線LAN ルーターとブリッジ機能を積むのは、非常に良いソリューションである。

 あとは、耐久性とスピードですね。あした物が届くから、楽しみ。
 
posted by harry | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102582743

この記事へのトラックバック